より攻撃的なハンティングステルス――『M

東京ゲームショウのKONAMIブースでは、PS3/Xbox 360『メタルギアソリッド ライジング』について、松山重信プロデューサーと木村峰士ディレクターがコンセプトを語った. 小島秀夫監督が育ててきた『メタルギア』シリーズ. 小島監督以外のプロデューサーの作品となることでどのように変化するのか――ステージではその点をキーに、司会の坂内愛さん、松山プロデューサー、木村峰士ディレクターのトークが繰り広げられた. もともと海外向けタイトルを中心に、アーケードゲームのプロデュースを手掛けていたという松山プロデューサー. 『メタルギア』シリーズの販売本数は日米欧が現在1: 2: 2となっており、より海外市場を意識するために松山プロデューサーがキャスティングされたと語った. また、現場のディレクションは『メタルギア ソリッド』のカラスのモデリングがデビューという生粋の『メタルギア』っ子、木村ディレクターが統括. 松山、木村両氏とも小島監督に「好きなようにやっていい」と言われているとのこと. 小島監督の『メタルギア』とは別の方向性を模索した結果が『ライジング』という形になり、”斬奪(ざんだつ)”というキーワードのもと、アクティブステルスあるいはハンティングステルスと呼ばれる、より攻撃的なスタイルとなった. 制作経緯を明かした後は、E3やgamescomの映像を交えた紹介が行われた. さらに、E3でベストトレーラー賞を受賞したトレーラームービーも上映された. 今回、敵味方の兵器には犬の名前がつけられているらしい. 腕にガトリングガンを仕込んだ無人機・マスティフと、今回ブラッドハウンドという形式のサイボーグであるライデン. カスタムナイフ職人・根本朋之氏製作による高周波ブレードのモック. ちなみに、銃刀法の関係で実物より20cmほど短くなっている. さらに、これまでムービー上でしか見ることのできなかった『ライジング』だが、今回実機でのデモンストレーションも行われた. 演算にはまだ詰め切れていない要素があるとのことだが、爽快感あふれるデモだった. 最後に、本作の発売日に話が及んだ. … が、新エンジンの開発や、未だに入れ込む新フィーチャーを詰め切れていないなど、諸般の事情により発表はされなかった. 次回のゲームショウまでに発売されるのか、もし発売されなくとも次回の東京ゲームショウにはプレイアブル出展されることを願うばかりだ. 東京ゲームショウ2010 開催概要 【開催期間】 ビジネスデー… 2010年9月16日~17日 各日10: 00~17: 00 一般公開日… 2010年9月18日~19日 各日10: 00~17: 00 【会場】幕張メッセ 【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売り1,000円(税込) 5人と1匹の大冒険! 舛成孝二監督の映画 ※小学生以下は無料.

Advertisements